読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育て案内所mico

子育て案内所micoは、子育てを楽しく、ハッピーに行えるような情報を発信しています。

小学生が1人でスタバ

海外の子育て事情

こんにちは。子育て案内所のmicoです。

いつも応援ありがとうございます。久々の更新です。

これまでNPO法人として活動してきましたが,この度法人を解散しましたのでお知らせします。

ただ,今後も,不定期ではありますが,子育てに役立つ情報や子育てが楽しくなるような情報を発信していきたいと思います。

 

****************************************************************************************************

アメリカのスタバで休憩していたら,小学生(たぶん1年生くらい)の女の子が,片手にグランデサイズのピンクレモネードをもって隣に座ってきました。

 

「小学生が1人でスタバ?!」

 

少し気になったので,その子の動向を観察することに。

 

彼女は,カバンから教科書と思われる本を取り出し,シャープペンシルで線を引きながら,その本をゆっくり読み始めました。3分後,5行くらい読んだところで飽きたのか,今度はスマホを取り出し,動画を鑑賞。ハハハと声を出して笑ってアニメを見ていました。

 

「こっちでは,こんなちっちゃい子でもスタバで宿題したりスマホみたりするんだな」

 

と思っていたら,今度はスタバの店員さん(男の人)が店内で販売されているサンドイッチらしきものを手にもって,女の子に近づき,声をかけました。

その会話をきいていると,どうやら親子のようです。この子は,他のスタバの店員たちとも顔見知りのようで,かわるがわる店員さんがやってきて,話しかけていました。彼女は,そのスタバの店員さんであるお父さんのお仕事が終わるまで,店内で待っているようです。

 

USスタバ版子ども預かり,みたいな感じで,小学生がスタバで宿題することの是非は別として,他の店員さん達の対応をみていると,こういうことに結構寛容なんだな~,と感じました。この寛容さは,子育てパパママにはありがたい気がします。